傳田弘顕がこれからのWebマーケを支える!?トラストとは?どんなサービスを行う?

マーケティングとは「より多くの商品・サービスを売るための活動」です。そのための販売促進活動や集客活動をWebをベースに行うのが、Webマーケティング。そんなWebマーケティングのこれから考えるトラストのこと、代表である傳田弘顕氏について調査してきました。

ラクラボはアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただいて記事を掲載しています。

傳田弘顕が代表を務めるトラストとは?

傳田弘顕氏が代表を務めるトラストは、出版、広告、マーケティングを専門とする会社で2021年に設立されました。代表の傳田弘顕氏は実家が個人印刷店、大学卒業後も印刷会社に入社しています。傳田弘顕氏の10年以上にわたる出版業界で活躍したスキルを活かして、各メディアの出版、印刷やポスティングや、SNSを活用したWebマーケティングといった業務まで、幅広く対応している会社です。文化の発信地である渋谷を拠点としています。

トラスト(傳田弘顕)の事業内容は?

トラスト(傳田弘顕)は、出版・印刷・広告・Webマーケティング業務を専門に事業を展開しています。

  • 【出版・印刷】 紙媒体のメディアを作成しています。出版業界に長年勤めていた傳田弘顕氏のノウハウを用いて、トラストでは最も好評な事業です。
  • 【広告】 出版物のポスティングを請負います。インターネットでの検索エンジンを利用しない消費者層にもターゲットを広げることができます。
  • 【Webマーケティング】 SEO、MEO対策をして、検索エンジンで上位に表示させる専門技術。クライアントの集客アップが期待できます。
  • 【映像制作】 今後映像制作のプロを雇用し、クライアントの要望をトータルサポートをしたいとトラストは考えています。

トラスト(傳田弘顕)は現在「紙媒体の可能性」にも注目中!?

ネット社会といわれる現代ですが、トラスト(傳田弘顕)では「紙媒体の可能性」に注目、紙媒体の信頼度がネットよりもあるとして、Webマーケティングと合わせてトラストでは、「出版物のポスティング」に力を入れています。

出版物のポスティング

ネット社会といわれていますが、以外にもネットを見ない人が多いようで、出版物のポスティングは主に、ネットを見ない消費者を対象にした広告戦略です。新聞もとらない方が増えてきていて、新聞広告や、折込チラシの宣伝効果は落ちてきています。ですが、折込チラシだけは欲しいという方もいます。ポスティングではそれがカバーできます。ポスティングをお断りという貼り紙をしている家を避ければ、リスクも少ないので、広告戦略としてポスティングは有効といえます。

Webマーケティングとの両面作戦

紙媒体でのポスティングに力を入れいるトラストですが、事業内容にはWebマーケティングがあります。こちらのポスティングと同様に力を入れています。傳田弘顕氏は、紙媒体の可能性と、Webマーケティングの可能性を同じように扱い、活用し相乗効果を生み出そうとしています。紙媒体とWebマーケティングの両面作戦をし、それぞれにないターゲット層を確保して、対象者のの幅を広げて広告を浸透させようとしています。

傳田弘顕のプロフィール・経歴

トラスト代表 傳田弘顕氏は、1987年1月4日生まれ。東京都狛江市出身です。実家は祖父母の代から続く印刷店を営んでいましたが、経営不振で現在はその印刷店はありません。最終学歴は、帝京大学経済学部経済学科卒業です。大学ではマーケティングを専攻していました。学生時代はサッカーにも打ち込んでいました。大学を卒業後は、都内の出版・印刷会社に入社。そこで勤務をしながら、出版業のノウハウや人脈などを積み、2021年に独立しました。

傳田弘顕のトラスト社員からの評判は?ユニークな福利厚生アリ?!

傳田弘顕氏は、現場で活躍している社員たちを手厚くサポートしています。トラストにはユニークな福利厚生があります。休みが急に必要になったり、何かしら融通をきかせる必要があったりすることがありますよね。そんな時に使えるようにハッピー休暇というのがあったり、ダブルワークを認めたりし、社員が安心して働ける福利厚生となっています。なぜトラストで福利厚生が充実しているかというと、現場の社員が仕事に打ち込めるよう、働きやすい環境を作れるよう努力するのは経営者の役目と傳田弘顕氏は考えているためです。社員のことか考えて経営を行っている傳田弘顕氏は、きっと社員からの信頼も厚いのではないでしょうか。

トラストの福利厚生・制度の紹介!

トラストの福利厚生・制度の詳しい内容を次に紹介しますね。

  • 【ダブルワークOK】 Webマーケティングは働き方が柔軟な業界です。トラストではダブルワークを認めているのは、クライアントの要望に柔軟に対応できる柔軟な視点が、複数の仕事をしていると身に付くと、トラストは考えています。すでに8名中3名の写真がダブルワークをして、会社に良い刺激を与えてくれているそうです。
  • 【通勤手当】 通勤手当は最大で25,000円の補助があります。交通費のかからない徒歩や自転車通勤の社員にも10,000円をECO手当として支給しています。
  • 【ハッピー休暇】 急な休みなどを取得しやすくした制度。年8日間付与されます。
  • 【住宅手当】 トラストでは多様な働き方のサポートに一環として、住宅手当を支給しています。家賃の3割(上限10万円)の支給です。

リモートワーク導入

トラスト(傳田弘顕)では、近年の社会情勢を考慮してかリモートワークも導入しています。 トラスト(傳田弘顕)は会社を文化の発信地である渋谷に構えています。渋谷に会社をおくことで、常に世の中の流れが感じることができるとトラスト(傳田弘顕)は考えているので、リモートワークを導入してはいますが、できるだけ会社に出社するのを推奨しています。

まとめ

トラスト(傳田弘顕)について紹介しました。紙媒体のポスティングとWebマーケティングの両面作戦で、それぞれにないターゲット層のアピールする広告戦略をとっているトラスト(傳田弘顕)。今後は映像撮影、動画編集のプロフェッショナルを雇用し、更なる活躍の場を広げるようとしてます。またダブルワークを認め、新しいシゴト様式に対応する企業を目指しているようですので、今の時代にあった働き方ができて、今後も発展していく会社ではないでしょうか。トラスト(傳田弘顕)の未来が楽しみですね。

本特集記事はPRです